ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

健康

風邪のひき始めでトレーニングをしてみました

風邪のひき始めでトレーニングをしてみました

朝、ちょっと頭が重いなと思っていたら、数時間後に鼻がグズグズし始めました。

ここのところ就寝時の気温が高く、薄着で寝ることが多かったのですが、今朝は明け方に冷え込んだようで、どうやら風邪をひきはじめてしまったようです。

しかし、今日はトレーニングの予定日。先日の記事「トレーニングの間隔を変えるとどうなるか、実践してみました」で、週 2 回はトレーニングをしようと決めたばかりなので、どうしようか悩みました。

今までは、体調の悪いときはトレーニングはしないで体をゆっくり休めるというのが、自分の基準だったのですが、ふと、本当にそうだろうか?と思い始めました。

風邪とトレーニング(運動)について調べてみた

先日の記事「健康を維持するには「健康法のカスタマイズ」が必要だと思いました」で書いたように、それまで常識だと思っていた健康法が、実は正解ではない場合もあることを実感してたこともあり、今回の件も調べてみました。

すると、一見、正反対に見える記事がいくつか見つかりました。

トレーニング(運動)を奨励しない記事

トレーニング(運動)を奨励する記事

どっちが本当?と最初は思ったのですが、それぞれの記事をよく読んでみると

  1. 風邪と風邪の引き始めを分けて考える
  2. トレーニング(運動)は有酸素運動と無酸素運動に分けて考える

ことがポイントになっているようです。

1 の風邪と風邪の引き始めを判断するには「首から上の状態の確認(ネックチェック)」を行うといいそうです。くしゃみ・鼻水・鼻づまりだけであるのか、体全体の調子が悪い・発熱までしているのかを確認します。

2 については、ジョギング・ウォーキング・エアロビクスなどの呼吸をともなうトレーニングが有酸素運動、筋トレなどが無酸素運動になるそうです。

これらを考えて、記事を再度読み直してみると

「くしゃみ・鼻水・鼻づまりまでなら、ジョギングなどの有酸素運動は OK で、風邪も治るかもしれない」

ということになります。

自分の場合は、まさに「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」だけでしたので、今回はトレーニングをやってみることにしました。

あとで気づいたのですが、調べた記事のタイトルをよく見ると「風邪を引いたとき」と「風邪の引き始め」が明確に区別されて書かれていました・・・^^;

風邪気味でトレーニングを行ってみた

いつも、スポーツクラブで行っているトレーニングは、大体次のとおりです。

  1. ウォーミングアップとしてバイク(自転車こぎマシンです)を高めの負荷で 15 分
  2. ストレッチを 10 分
  3. バランスディスクを使った体幹トレーニングを 5 分
  4. マシンを使った筋力トレーニング(チェストプレス、ラットプルダウンなど)を 30 分
  5. バランスボールを使った体幹トレーニングを 5 分
  6. 水泳(クロールで続けて 1000m)

このうち、有酸素運動は 1 のバイクと 6 の水泳ですが、現在、プールが工事中で使えないのでバイクだけとなります。

1 のウォーミングアップのバイクをやった結果

スタートしたときは、鼻水も止まっておらず少し辛かったのですが、5 分経過して体が温まり始めた頃から鼻水が止まり、急に楽になりました。始めてから 10 分以降は、いつもどおり汗が出てきて、終了時にはスッキリした感じになりました。

4 マシンを使った筋力トレーニングをやった結果

ストレッチと体幹トレーニングは問題ないとして、4 の筋トレをどうしようかと迷いましたが思い切ってやってみました。風邪気味とはいっても、首から下の調子はまだ普段と変わってはいなかったので、筋トレもいつもどおりにできました。これは以外でした。

ただ、後半になると、また少し鼻水が気になり始めました。筋トレは部分ごとのトレーニングになるので、バイクの時より体全体の状態が落ち着いてきており、それが原因になっていたのかもしれません。

家に帰ってから体調はどうなったか

筋トレが終わったあと、少し鼻水が気になっていましたが、最後にスポーツクラブのお風呂に入ったあとは、ほぼ気にならなくなっていました。

家に帰ってからは、ほぼ鼻水もでなくなり、体調はだいぶ回復したように思います。

今回はたまたま、風邪の初期症状だったのと、首から下の体調も悪くなかったこともあって、トレーニングによって体が活性化して回復に向かったように思います。

ただ、トレーニングを奨励する記事にも書いてありますが、トレーニングを行うかどうかは、そのときの体の状態をよく把握(風邪気味ではなく、風邪を引いた状態になっていないか?など)した上で、有酸素運動を無理のない範囲で行うことが大事だと思います。

トレーニングをしないで家で静かにしていたとしたら、多分、まだ鼻水が気になっていて、風邪気味から風邪に移行していた可能性もあります^^;

今回のチャレンジで一つ新しい回復法を見つけることができたかもしれません。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top