ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

ライフハック

Dropbox(1)Sugarsync や SkyDrive と使い比べて最終的に選んだクラウドストレージ


<クラウドストレージ?>

クラウドストレージサービスとは、簡単に言うと、サーバーのストレージ(ハードディスクや SSD などの記憶領域)をインターネットを通じて貸し出してくれるサービスです。

クラウドストレージ3

Dropbox というと、おそらく、知らない人は少ないと思われるクラウドストレージサービスです。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器から、クラウドサービス上のフォルダ(ストレージ)に書類・画像・音声・動画などを保存しておくと、どの機器からも使えるようになります。

Dropbox 以外の有名なクラウドストレージとしては

  • SkyDrive( Microsoft 社のサービスで、現在は OneDrive に名前が変わったようです)
  • SugarSync(アメリカ企業のサービスですが、日本ではソフトバンク系の会社が運営しています)
  • GoogleDrive(クラウドストレージに置いたデータの権利に関する規約が微妙です)

などがあります。

<クラウドストレージの便利なところ>

クラウドストレージの利点はたくさんあるのですが、自分自身で使って便利だと思うことをあげてみます。

 

クラウドストレージ1

  • パソコンが複数台あっても、どのパソコンからも同じフォルダで同じデータ(文書・アプリのデータ・画像・音楽・動画など)を扱える。
  • 最近ではスマートフォンでも使えるようになっている。
  • 自分のパソコンだけでなく、クラウド上のサーバーにも同じデータがあるので、万が一パソコンが壊れてもデータがなくならない。

例えばパソコンが 2 台ある場合、レポート作成のためにパソコン A の中にレポート用のフォルダを作って、資料一式と書きかけのレポートを保存しておくと、パソコン B で作業を再開したときに パソコン A で書きかけた続きから、そのときの資料も同じように見ながら進めることができます。

また、移動中などのちょっとした空き時間に、スマートフォンで作業中のレポートを確認することもできます(アプリが対応していれば編集もできます)。

滅多にありませんが、落雷とか何かあって、パソコン A と B が壊れてしまっても、新しいパソコンにクラウドストレージの設定をすれば、自動的にサーバー上の作業中フォルダのデータがパソコンに同期されて元通りになります。

このように、どのパソコン(環境)でも作業が途切れずに進められて、万が一の場合にも備えられるところがとても便利です。

< 3 つのサービスを少しずつ使ってみて一旦は SugarSync に落ち着いた>

数年前(多分、4 〜 5 年前)、Dropbox、SugarSync は 5Gbyte まで無料、SkyDrive は 15Gbyte が無料で使えたので、いろいろなことを試しながら、無料の範囲で 3 つのサービスを使い比べました。

クラウドストレージ2

まず、最初に使わなくなったのが SkyDrive です。当時は Web ブラウザからしか、クラウドストレージにアクセスできなかったのに加えて、1 ファイルの最大サイズが 50Mbyte までという制限が決定的でした。自分で PDF 化した書籍などは、簡単に 50Mbyte を越えてしまうため、SkyDrive 上に置けませんでした。

Dropbox と SkyDrive については、両方ともパソコン用のクライアントアプリがあり、Windows のエクスプローラーから、一般のフォルダとクラウドストレージのフォルダを同じように扱うことができて、パソコン間の同期のスピードもあまり変わらないように感じました。

2 つのサービスの大きな違いは「同期フォルダの指定方法」でした。

Drobbox は、パソコン上に「Dropbox」という特定の場所をつくり、クラウドストレージに置くフォルダやデータは、すべてその下に保存することになります。Windows の場合だと、エクスプローラーのフォルダ構成の中に「Dropbox」というフォルダのようなものが現れて、その下に自分で使うフォルダをつくったり、ファイルを保存するようになります。

SugarSync は、パソコン上のどのフォルダをクラウドストレージと同期させるかを指定します。

例えば、「研究資料」フォルダと「レポート」フォルダが、まったく違う親フォルダの下にあっても、別々に同期設定することができます*1

つまり、Dropbox は「Dropbox」という場所の中だけがクラウドストレージとの同期対象になり、SugarSync は指定したそれぞれの場所が同期対象になります。

当時、この 2 つの違いを比較して、同期指定に柔軟性のある SugarSync を選択して、より大きな容量が使える有料プランを契約しました。

*1 SugarSync にも「マジックブリーフケース」という特別なフォルダがあり、この中のフォルダやデータは Dropbox と同じように、他のパソコンと自動的に同期されます。

< SugarSync を 2 年間使ったあと Dropbox に切り替えた>

有料プラン契約後、本格的に SugarSync を使うようになったのですが、同期データ量の増加と同期パソコン数の増加に伴い、少しずつ、不満な点が出てきました*2

  • ファイル数が大幅に増えると同期エラーが発生することがあり、なかなか解消しないことがある。
  • パソコンごとに同期フォルダを非常に柔軟に指定できるため、それがかえって同期フォルダの管理をわかりにくくしてしまい、結果的に手間がかかってしまう。
  • どのフォルダを同期対象にしていたかを、すぐに思い出せなくなってしまう(エクスプローラー上のフォルダには、同期対象になっていることを示すマークはちゃんと出ます)。
  • パソコン上から同期フォルダ上のファイルを削除したのに、パソコンの空き領域が増えないなどの不具合が発生するときがある。
  • クラウド上の空き領域のサイズが想定以上に少なくなってしまうことがある(理由と対応方法はしっかりとあるのですが、非常にわかりにくく、ここでは書き切れないため割愛します)。

*2 上記で書いたことは、個人的に感じたものですので、必ずしも一般的なものではないことはお伝えしておきます。プログラム開発ツールが出力するデータを同期して、ファイル数が一気に数万個以上になって同期に負荷がかかってしまったこともありました。また、パソコンごとの同期フォルダの管理をもっと整理して行っていれば混乱することも少ないかもしれません。

このような不満を感じつつ、補助的に Dropbox の 5Gbyte 無料版を平行して利用していました。

そして、SugarSync を 2 年間使ったあと、同期管理がシンプルな Drobbox に切り替えることを決断しました。

< DropBox に切り替えた結果 >

現在、Dropbox に切り替えてから約 2 年経っています。有料プランも最初の 50GByte(今はありません) から 100GByte プランに変更して、ほぼ容量いっぱいまで使ってる状態で、ここまでで思ったことを書いてみます。

  • 同期フォルダの管理がシンプルで簡単。
  • 同期しているフォルダはすべて「Dropbox」の下にあるので迷うことがない。
  • 同期エラーが起こったことがない(ファイルが大量の場合、時間はかかるが必ず終わる)。
  • Dropbox に対応しているスマートフォンアプリが多いので便利(SugarSync も対応アプリが増えています)。

と、切り替える理由になっていたことは、すべて解決しているので満足しています。

ただし、この感想は自分の使い方と使用環境に Dropbox が向いていたために感じたことであり、Dropbox が SugarSync よりいいサービスだということではありません。

同期フォルダ管理の柔軟性やクラウドバックアップという素晴らしい機能は SugarSync でしかできませんし、同期エラーに関しても、数年前の経験ですので、現在は解消されていることも十分に考えられます。

この記事が、読んでいただいた方の使い方にあったサービスを選ぶ参考になれば幸いです。

<最後に嬉しい知らせが!>

Dropbox を 100Gbyte 1 年間 $99 のプロという有料契約で使っていたのですが、ある日突然、クラウドストレージの利用率表示が 10 分の 1 になりました。

使用率表示の「93.6 % / 106.8GB 使用中」が「9.7% / 1032.2GB 使用中」に!
一瞬、目を疑いましたが、自分の Dropbox アカウントページで確認しても変わりませんでした。

その後、IT 関連のニュースリリースと Dropbox のサイトで確認したところ、料金は変わらずに使用できる容量が 100Gbyte から 1TByte になったとのことでした^^。

他のクラウドストレージサービスがどんどん格安で容量を増やしつつあり、Apple の iCloud も近々、破格の料金で大容量のストレージを提供する計画を発表しているので Dropbox も先手を打ったのかもしれません。

とはいえ、ユーザーにとっては嬉しい限りです。

1TByte あると、一般のユーザーなら写真なども含めて、ほとんどを Dropbox に置けると思います。すると、リアルタイム更新可能なオンラインバックアップとしても使えそうで、用途がぐんと広がりそうな気がします。

本当に Dropbox に感謝です。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top