ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

Apple

Macbook Air をシステム手帳(みたい)にしてみました

Macbook Air
Macbook Air は「軽い」「薄い」「開いてすぐに使える」のでいつも手元に置いておきたいパソコンです。

デザインもシンプルで、余計なものはほとんど付いていない、キレのあるシルバーのボディはかなりカッコいいのですが、いつも手元に置こうとすると「傷でもついたら悲しいなぁ」なんて思ってしまい、なかなか気軽に持ち運べていませんでした。

それなら Macbook Air をシステム手帳(みたい)にしてしまおう!

ネットで調べたところ、キャリングケースやカバーは本当にたくさんありました。

書類袋をイメージしたもの、極薄の透明なアクリルケースで包み込むものなど、いろいろなアイデアの商品が出ています。

ただ、いつも手元に置きたいので「周囲に溶け込むデザイン」で「すぐに使える機能性」が大事です。言ってみればシステム手帳のような・・・!

「Macbook Air をシステム手帳のリーフレットと考えて、システム手帳のケースを探せばいい」と見方で再度ネットを探したところ、ピッタリの製品がありました。
Macbook Air 用「羽衣」
画像:System-One 羽衣 – Hanegoromo – より

有限会社システムワンの「羽衣 – Hanegoromo -」という商品で、重さわずか 170g で Macbook Air 11 インチ版は約 2mm という薄さです。

何よりいいなと思ったのは、「ちょっと大きめのシステム手帳ケース(カバー)」といった感じのデザインです。

これなら、家の中を移動するときも気軽に持てるし、ちょっとした外出ならこのまま持ち運んでもいいかと思いました。

早速注文すると、5 日ほどで届きました。

革製品なので、注文を受けてから 1 つ 1 つ手作りで作るため、このくらいの時間がかかるそうです。

使い方

といってもカバーなので Macbook Air に挟み込むだけなのですが、イメージだけでもご紹介します^^;

1. これがカバーだけの状態です。

羽衣(MBA)1
2. カバーの中は Macbook Air を傷つけないような柔らかい生地になっています。

羽衣(MBA)2
3. 下から装着します。

羽衣(MBA)3
4. そして上をかぶせます。

羽衣(MBA)4
5. 装着後はこんな感じになります。

羽衣(MBA)5
6. サイドのコネクタ類も、もちろん使えます。

羽衣(MBA)6

まとめ

このカバーを使い始めて 10 カ月ほど経つのですが、使えば使うほど手に馴染んできます。

革製品ということもあってか、手に持ったときの感触が優しくて「パソコンを持っている」ような感じがしません。

システム手帳と比べるとちょっと大きめですが、厚さはこちらの方が薄くなります。

このカバーに Macbook Air というリフィルを入れて、最高の電子システム手帳ができました^^

商品情報
会社名:有限会社システムワン
商品名:羽衣 – Hanegoromo -( Macbook Air 用)
価格:¥13,800( 2014/10/30 現在)

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top