ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

Apple

Apple Watch って何ができるの? その5 小さな便利機能を 3 つ紹介!

Apple Watch って何ができるの? その5 小さな便利機能を 3 つ紹介!

今回は今まで記事にしてきた機能以外で「ちょっとしたことだけど助かる!」といったものを 3 つ紹介します。

iPhone どこに置いたかな?

家でふと iPhone を使おうと思ったとき、「あれっ? iPhone が見当たらない…」なんてことはないでしょうか?
リビングのテーブルの上を探したり、トイレの中を探したり、キッチン周りを探したり、でも出てきません。
もしかしたら職場に置き忘れてきたのかな?なんてことまで考え始めてしまったり。

そんなときに役立つのが Apple Watch から iPhone を鳴らす機能です。

ここをタップするたびに iPhone から「ここにいるぞー!」って感じのかなり大きい音が出ます。

家にいるときでも iPhone はいつも持ち歩いているので、年に数回くらいの割合で「家の中で行方不明」になることがあるのですが、そのたびに、この呼び出し機能に助けられています。

AirPods(イヤホン全般) のボリュームが調整できる!

iPhone と AirPods などのイヤホンで音楽を聴いたり、YouTube をみたりすることはよくあると思います。
AirPods の場合、をタップすると、曲を進めたり止めたりすることができるのですが、iPhone を持たないとどうしてもできないことがあります。
それは「ボリューム操作」
AirPods に限らず、コンパクトなワイヤレスイヤホンは、スマホを使わないとボリューム調整ができないものが多いと思います。
まあ、スマホをポケットから取り出してボリュームボタンを押せばいいのですが、これが地味に面倒です。
メッセージにちゃんと返信するとか、スマホじゃないと難しいことならまだしも、ボリューム調整のために取り出すのは、なんとからないかなぁと思っていました。

そこで活躍してくれるのが、Apple Watch の「再生中」というアプリです。

これは文字通り Apple Watch に現在再生中の音楽や動画のタイトルを表示してくれるアプリで、再生を一時停止したり、次の曲や前の曲へ移動させることができます。
そして ・・・ Apple Watch のデジタルクラウンを回すとボリューム調整ができるのです。
つまり、iPhone を取り出さなくても、Apple Watch を付けている腕を持ち上げて、デジタルクラウンをクルクルっと回せばボリューム調整ができるのです。
最近は移動時に音楽だけでなく、YouTube の音だけを聞いていることも多いのですが、YouTube の再生音量はチャンネルによって結構違ってたりするので、デジタルクラウンで簡単にボリューム調整ができるのが凄く助かっています。

朝、優しく起こしてくれます

実はこの記事の中でお伝えしている 3 つの機能の中で、一番助かっているのがこの機能です。

Apple Watch を使い始めるまでは、朝の目覚ましアラームは iPhone を使っていました。
自分の場合、目覚ましアラームに元気すぎる音をセットすると、鳴ったときにびっくりしてドキドキしてしまうことが多いので、なるべく優しいパターンのアラームや鳥の声などをセットしていました。
ただ、それでも耳元で鳴り始めると、どうしても無理に起こされてる感がありました。

Apple Watch は身に着けて寝ることができるので、睡眠の状態を視覚化できるアプリをインストールして、毎日腕に着けて寝ています(とは言っても、24 時間左手に付けているのもなんとなく負担になるので、寝るときだけは右手に付け替えますが…)。
この状態で iPhone に目覚ましアラームを設定して寝ると、時間が来たときに Apple Watch は音を鳴らさずに “トン、トントン、トントン …” と手首を軽くノックして、優しく起こしてくれます。
これ、本当に控えめで、眠りの状態からそっと「朝だよ…起きて」って感じで起こしてくれます(感じ方には個人差がありますw)。
音のアラームより、優しい触覚で目覚める方が心の負担が少なく感じます。

手首の上の小さな便利箱

今回は Apple Watch の小さな便利機能を 3 つ紹介しましたが、この他にも iPhone と連動した「カメラリモート」や文字盤にも表示できる「天気」、意外と使う機会が多い「タイマー」など、まだまだたくさんの役立ち機能があります。

Apple Watch を身に着けていると「Apple Watch って何ができるの?」とよく聞かれるのですが、「なくても凄く困ることはないけど、あるといろいろなことが少しずつ便利になるよ」と答えています。
さらにがんばって一言でまとめると
「小さな便利が詰まっている」
というのが Apple Watch なのかなと思います。

これからも Apple Watch を使い続けていくと思いますので、新しい発見があったときは、また記事にしてお知らせしますね!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top