ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

健康

自分なりの髪の毛(頭髪)対策

「健康」というカテゴリに入るのかどうか、ちょっと迷ったのですが「体のケア」ということで、このカテゴリにしました。
昔から、髪の毛の量は多い方で、髪質も「太くて頑固」でした。
小・中学校で、まだそんなに髪を伸ばしていないときは、毎朝、寝癖が直らず苦労していました。
ですので、この先もずっと、髪の毛については心配することはないだろうと安心していました。
ところが、35 歳を過ぎた頃から、髪を洗っているときの手応えが変わってきました。
当時はまだ、「年とともに髪の毛も柔らなくなって、まとまりやすくなっていいな」くらいの気持ちしかありませんでした。
シャンプー2
それから、数年後、やっぱり髪を洗っているときなのですが、鏡を見て唖然としました。
「地肌って、こんなに見えていたかな?」
さらに、オールバックみたいに髪を後ろに流すと、
「ひたいって、こんなに広かったかな・・・」
このときは、本当にショックでした。自分は大丈夫だと思っていたことが変わりつつある。
このまま進んでしまったときの自分を想像して、かなり本気で焦りました。
スキンヘッドが似合う人(むしろ、格好いいほどの領域)もいますが、自分はどう想像してもそうはなりません。
そして、ネット情報をくまなく検索・・・、そこで目に入ったのが、トリビックという会社の「インディアン伝承シャンプー」とシャンプーでした。
まず、ネーミングからして怪しい。怪しいので怖いもの見たさに、その会社のページを見てみました。
すると、ネーミングから受けた印象と違って、しっかりしたことが書いてあり、なんというか、その会社の熱意みたいなものが伝わってきました。
若干高かったのですが、物珍しさと会社の熱意みたいなものに押されて、試してみようと注文しました。
何日かして、ついに「インディアン伝承シャンプー」が届いたのですが、商品の箱を空けると A4 クリアファイルに、「商品購入のお礼と理念」、「正しい髪の洗い方(うろ覚えですがこんな感じのタイトル)」が入っていました。
シャンプーを買ったら、「髪の洗い方の説明書」が入っていたのにちょっと驚いて、じっくりと読んでしまいました。
A4サイズ 1 枚にきっちり説明されていたので、ポイントだけあげると
・頭皮を洗う前にぬるま湯で最低 1 分以上マッサージをする(頭皮を柔らかくする)
・洗うときは指の平で頭皮をやさしくタッチして泡の力で洗うようにする(頭皮を傷つけない)
・すすぎを十分に行う(髪や頭皮から取れた汚れをしっかり洗い流す)
・洗ったあとは十分に乾かす(頭皮の雑菌の繁殖を防ぐ)
ということが書かれています。
つまり、重要なのは「頭皮をケアする(健康に保つ)」ということになります。
実際にこれらを実践したところ、半年くらいで額の髪の生え際に、短いですが新しく髪が生えてきました。
その後、5 年以上はこのシャンプーと洗い方を続けていますが、少しずつボリュームが戻ってきているように感じます。
友達からは「気のせいじゃない?」と言われることもあり、「そうかもしれないな」と思うこともあります。
でも、「なにより自分で対策を行って、いい実感を得ている」ということも事実なので、今後も続けていくつもりです。
「インディアン伝承シャンプー」そのものの成分も、もちろん優れているのだと思いますが、「大事なのは髪の洗い方」なのだと思うと、べつに他のシャンプーでも・・・とたまに考えることもあります。
でも、この会社、他でもいいものを出していたりしますので、当面は浮気しないで使い続けようと思っています。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top