ズオ ブログ

日々思ったり、やってみたことを、ゆるーくカテゴリ別に書いています

健康

健康を維持するには「健康法のカスタマイズ」が必要だと思いました

40 歳を過ぎてから、それまで気にしていなかった「健康」ついて考えるようになりました。そして、健康な体を維持するための方法を本やネットで調べて、できるものは実践してきました。

健康2
ところが、実践していくうちに、なんとなく違和感みたいなものを感じるようになりました。
過去記事にも書きましたが、特に「睡眠」に関しては、一般に「常識」とされていることが、どうも自分には当てはまらないような気がしました。

いい「睡眠」を取るためにいろいろ試してみました(1)
いい「睡眠」を取るためにいろいろ試してみました(2)
いい「睡眠」を取るためにいろいろ試してみました(3)

そして、ここ半年〜 一年の間に、今まで常識だと思っていた(思い込んでいた)健康に関することが、実はそうではなかったというような記事がいくつも見られるようになっています。

<常識だと思っていた健康法が怪しくなってきた>

今まで「常識」だと思っていたけれど、実は疑わしいなと感じるようになったものを 3 つほど挙げてみます。

朝食はしっかり食べた方がいい(?)

これは子供の頃から言われ続けていました。「朝しっかり食べないと頭が働かないよ」とか「食事は朝>昼>夜の順で食べる量を減らした方がいい」など、いろいろなところで見たり聞いたりしていました。

ところが最近では、朝しっかり食べると、食べた物を消化するために体に負担がかかり過ぎるので、軽いものの方がいいといったような記事も出ています。

運動を 20 分以上続けないと脂肪は燃焼しない(?)

何年もの間、運動開始から始めの 20 分は糖質が燃焼するので、脂質を燃焼させたい場合は、運動を 20 分以上続ける必要があると聞いてきました。

しかし、最近の研究結果では 20 分以上続ける必要はなく、数回に分けて運動しても燃焼することが確認されているようです。

22 時〜 2 時は睡眠のゴールデンタイム(?)

テレビでもこの「常識」は何度も見たことがあります。この時間帯は成長ホルモンがよく出るので、体の修復機能が活発に働き、お肌にもいいと聞いていました。

この「常識」にも異論が出ています。実は成長ホルモンが出るのは最初のノンレム睡眠の時で、時間帯には関係ないのだそうです。

他にもあるのですが、こうして見ていくと、もう何を信じていいのかわからなくなってきます。

<みんなに共通する健康法は少ないのでは?>

人の体はそれぞれ違います。もちろん、人間なので体のしくみは同じなのですが「体調のコントロール」という点では、一人一人違ってくると思います。

暑がりの人もいれば、寒がりの人もいる。肌が乾燥しやすい人もいれば、べたつきがちな人もいる。100 人いたら 100 人とも、どこか違ってくると思います。

ただ「暑がりな人たち」と「寒がりな人たち」とか、「肌が乾燥しやすい人たち」と「肌がべたつきがちな人たち」といったような「傾向」はあると思います。

ですので、世の中に広がっている様々な健康法や常識は、その傾向ごとにあるのではないかと思います。

ダイエット一つをとっても、「〇〇ダイエット」「△△ダイエット」…と数え切れないほどの種類があるのは、「〇〇ダイエット」が効きやすい人たち、「△△ダイエット」が効きやすい人たちと、その傾向ごとに分かれてくるからだと思います。

ですので、万人に共通して効果がある健康法というのは、実は凄く少ないのではないかと考えます。

<数ある健康法を自分用にカスタマイズする>

では、「どの健康法を実践したら効果があるか」を判断するにはどうしたらいいか?

これはもう「いろいろな健康法を試してみる」しかないと思います。

具体的には

  1. 何について(部分であれば目や口など、全体であれば体力やダイエット、それ以外なら睡眠など)改善・維持していきたいかを決める。
  2. 決めたものについて、どんな健康法があるかをじっくり調べる。
  3. 調べたものについて、環境や時間的な面から実施可能なものをいくつかピックアップする。
  4. ピックアップしたものについて、一つずつ期間を決めて実施してみる。
  5. 実施した結果から自分に効果がありそうなものを選択する(実施後の選択は複数でもいい)。
  6. 選択したものを普段の生活にどのように組み込むかを考える。
  7. 実際に生活に組み込んで実践する。
  8. うまく実践できないようなら 6 に戻って、組み込み方を再度考えて実践する。

ということになります。

これを、改善・維持したいと思っている点について、一つずつ行っていきます。

いっぺんに全部やろうとすると、どの健康法がどの部分に効いているかわからなくなりますので、必ず一つずつ進めます。

こんな方法で、本当にたくさんの健康法の中から、自分に合った健康法を選び、自分専用にカスタマイズして日々の生活で実践していくのがいいのではないかと思います。

また、年齢とともに体の状態も変わっていきますので、実施しているときに違和感を感じるようになったら、見直しを行い、その時にあった健康法になるように維持していくことも大切です。

自分なりの健康法が軌道に乗るまでは、短くても数ヶ月、長いと数年かかるかもしれませんが、実施する価値は十分にあると思います。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top